バストアップと大胸筋の関係

バストアップといえば、大胸筋を鍛えることが思いつきます。大胸筋とは、胸の中央から両肩、脇に向かって収束する大きな2つの筋肉です。女性のバストは、この大胸筋を土台としていますから、大胸筋を鍛えて厚くしておくことで、バストがしっかり支えられることになります。

なんだか、上げ底を企てているようですが、美しいバストというのは、2つのふくらみだけで成り立っているわけではないのです。しっかりした土台があって、はじめてふくらみがしっかりと前を向くことができるのです。

胸を張ると、バストもしっかり前を向き、バストトップも美しく上を向きます。猫背だと、せっかくはりのある美しいバストを持っていても、前に突き出た肩に隠れてしまって、その魅力を発揮できません。胸を突き出せば変に強調しているようでおかしいことになりますが、自然な胸を張った姿勢は、美しいバストラインを出すばかりでなく、全体的に清々しさを醸し出します。そういった姿勢を保つはたらきの主役となるのが骨格を支える筋肉であり、その筋肉の中でも大胸筋はバストライン、バストアップに深い関わりを持っているのです。

大胸筋を鍛えるには、ひじを張って、両手を胸の前で拝むように合わせ、押しつける筋力トレーニングがあります。これを、1日のうちで思い出したときに何回か続けていると、無理なく筋力トレーニングになり、大胸筋を鍛えることができます。道具も何も要りませんから、簡単です。

しかし、その大胸筋もバストの土台となるために、正しい位置にあって鍛えられないといけません。ゆがんだ骨格に引っ張られて、ずれた位置に大胸筋があるのに、それをそのまま鍛えると、ゆがんだ骨格が固定されてしまいます。まずは、大胸筋を正しい位置に矯正する方法を学んでおきたいものです。

>>大胸筋の位置を矯正する方法はこちら

大胸筋が正しい位置にはまれば、それだけですぐにもバストの形が変わるようです。大胸筋を矯正するマッサージを施すと、その場でバストの形が美しく補正されるみたいです。テレビや、動画でも紹介されていますので、確かめてみると良いと思います。

寝て楽ばかりして美しいバストを手に入れることはできません。仮に、それができたとしても、そのバストラインにどれだけの価値があるでしょうか?自分の身体を磨くために、自分を管理し、努力する姿勢が、バストラインに表れ、周りの人にバストラインを通して人格を評価してもらえるのです。

ちょっとの努力です。ぜひ、できることをやって美しいバスト、美しい自分を造りあげましょう。その具体的な方法を、わかりやすい動画で紹介するDVDも……。

>>続きはこちらをクリック

サプリ